Home > お知らせ > 健康と美しさのため解毒
 

健康と美しさのため解毒

2015.07.25

ホリスティック・ヘルス・アカデミーより健康に関する豆知識情報第28弾をお届けします。

あなたの車が正しく働くためには定期的な検査が必要なように、体も定期的な解毒と洗浄を必要とします。我々の環境には我々の体に負担をかける多くの有害なものがあり、それらを排除するためには我々の排泄器官は助けを必要としています。

体の洗浄はちょうど車のエンジンオイルを入れ替えてるのと同じで、あなたが考えるか、考えないかにかかわらず、あなたが必要とすることなのです。研究調査によると、我々は10万種類の化学物質に曝され、そのうち25%が健康に有害なものといわれています。我々の体は毎日直面するすべての化学物質による多くの異なる状態のために、洗浄によるそれらの排除がまず第一の重要なことになります。体内の化学物質の蓄積は自己免疫障害、疲労、体重の増加、筋線維症やホルモンのアンバランスなどを含む健康問題の原因になります。業界では肝臓と腸の二つの重要な排泄器官を含む、体の消化器官を解毒する製品をいろいろ考えて販売していますが、いつそれらを使うべきかどのような製品を捜すべきかの議論が続いています。

洗浄の場所 腸、肝臓、腎臓と皮膚を含む主な排泄期間に焦点をあてる。
いつ使用するか 理想的には季節ごとですが、秋と春だけでもよい。
重要な成分 血液浄化のために、バードック・ルート(ごぼう)と、レッドクローバー
洗浄の場所 腸の洗浄:腸をきれいにし、毒素から守る第一線として考えられる腸の叢のバランスを計る。
いつ使用するか 慢性か執拗な便秘、下痢、そして鼓腸。過敏性腸管症候群。食品アレルギー。
重要な成分 毒素を吸い込み、腸をこすって健康なバクテリアを育てる繊維。カスカラ・サグラダやセンナ、クエン酸マグネシウムなどの下剤。けいれんやガスを減らす滑らかにするハーブとして、ペパーミント、フェンネル、生姜。アジドフィラス。
洗浄の場所 肝臓の洗浄:体内の最大の器官で、1分間に1リットルの率で血液中の毒素をろ過して解毒する。
いつ使用するか 月経前症候群や更年期のホルモンの問題にかかったとき、吹き出物や湿疹などの皮膚の問題。アルコールの過剰な消費。過剰なビタミンの消費。
重要な成分 ミルクシッスル、リコライスなどの肝臓の細胞の再生と毒素の妨害に役立つハーブ。毒素を分解するアミノ酸のL-メチオニン、L-アセチルシステイン、グリシン、タウリン。胆汁を刺激するハーブとしてアーチチョーク、たんぽぽ。
Copyright© 2012 ホリスティック・ヘルス・アカデミー All Rights Reserved.