Home > お知らせ > 老人性斑点
 

老人性斑点

2014.07.18

ホリスティック・ヘルス・アカデミーより健康に関する豆知識情報第21弾をお届けします。

老人性斑点は、年を取るにしたがって体中に現れる茶色のスポットです。ほとんどの老人性斑点は、顔、首、そして手に現れます。これらの茶色の斑点そのものは無害ですが、それらはもっと重要な隠れた問題のサインです。
それらは皮膚の細胞のフリーラジカルによる害の副産物であるリポフスチンの蓄積として知られる老廃物の蓄積の結果です。
これらの斑点は、実際には脳や肝臓の細胞を含む体の細胞をゆっくりと破壊する老廃物のタイプが、細胞にいっぱいになったことを示しています。ほかの言葉で言えば、それらは心臓の筋肉や網膜を含む、多くの内部構造にも影響するフリーラジカル中毒の表面サインです。
老人性の斑点の形成に結びつく要素には、粗末な食事、運動不足、喫煙、弱い肝臓の働き、長期間の酸化されたオイルの消費、そして何よりも過剰な日光への暴露です。

Copyright© 2012 ホリスティック・ヘルス・アカデミー All Rights Reserved.