Home > お知らせ > 放射線からの被害を予防する方法
 

放射線からの被害を予防する方法

2014.07.26

ホリスティック・ヘルス・アカデミーより健康に関する豆知識情報第19弾をお届けします。

問題の特定と除去を除いて放射性物質から人を守る方法は、残念ながらありません。何より避けること以外に完全に防ぐ方法はありません。しかし良い栄養とサプリメントのプログラムは免疫システムに必要な保護とサポートを与えることはできます。
放射性元素は、それらに対応する非放射性元素と原子に含まれている中性子の数が異なる以外は、非常に構造的に類似しています。これが栄養が放射性元素の被害を予防したりブロックするのに重要な理由です。たとえばもし、あなたの体が十分な量のカルシウムやカリウムなどのミネラルを摂取していなければ、あなたの体はこれらの栄養素と構造が似ている放射性元素を吸収しています。もしあなたが十分な量のカルシウムを摂取していなければ、体は代わりにカルシウムに似ている放射性ストロンチウム90を吸収してしまいます。同様に、もしあなたの体に十分なカリウムが摂取されていれば、カリウムに構造が似ているセシウム137を吸収する可能性は低くになります。

細胞が食事から必要なすべての栄養素を得ることができれば、放射性物質を吸収する可能性は低くなり、それらは体から排泄されます。
下記に示す分量は、18才以上の成人の分量です。12才から17才の子供たちには、示されている分量の3/4、6才から11才の子供たちは1/2、そしてそれ以下のお子さんには1/4の分量となります。

非常に重要な栄養素

コエンザイムQ10 100mg/1日 危険な放射性物質から体を守る。
グルタチオン
Lシステイン
Lメチオニン
それぞれ500mg/1日
空腹時に水を飲む。50mgのビタミンB6と100mgのビタミンCと一緒に摂ると吸収が良くなる。
危険な放射性物質を解毒し、放射性物質の危険な影響から体を守る。
カルシウム
マグネシウム
1,500mg/1日
750mg/1日
体が放射性物質を吸収するのを防ぐ助けとなる。
コエンザイムQ10 100mg/1日 危険な放射性物質から体を守る。
グルタチオン
Lシステイン
Lメチオニン
それぞれ500mg/1日
空腹時に水を飲む。50mgのビタミンB6と100mgのビタミンCと一緒に摂ると吸収が良くなる。
危険な放射性物質を解毒し、放射性物質の危険な影響から体を守る。
ケルプ 1,000~1,500mg/1日 放射線から体を守る。錠剤で摂取するか、海藻などを食べる。

重要

ニンニク 2カプセル3回/1日 免疫システムを刺激し強化する。
グレープ・シード ラベル表示通り 強力な抗酸化物質。
パントテン酸
(ビタミンB6)
X線照射前に200mg
放射後に50mg
放射線の害を防ぐ。
セレニウム 200mcg/1日
妊娠している場合は400mcg/1日を超えないように。
フリーラジカルによるガンを防ぐ。
ビタミンCとルチンを含む
バイオフラボノイド
数回に分けて
5,000~20,000mg/1日
強力なフリーラジカル・スカベンジャー。
ルチンを200mg含むビタミンCが最適。

ハーブ・・・チャパラルは有害な放射線からの保護に役立ちます。
※常習的にこのハーブを使用することは避けてください。毎日1週間以上摂取してはなりません。長期的な使用は肝臓に有害な場合があります。

有効な食べ物

食事にりんごを加えます。これらは良いペクチンの供給源であり、放射性粒子を結合させます。ペクチンはサプリメントの形態でも入手できます。

放射線の影響から守るバイオフラボノイドイのルチンの豊富なソバを食べましょう。

アバカド、レモン、低温圧縮の紅花のオイルやオリーブ・オイルを用いる。これらは必須脂肪酸を供給します。

十分な量の水蒸気蒸留水を飲む。

その他の提案をして、パアボ・アイロラ、は大量のビタミンCと共にルチン、余分なパントテン酸、醸造イースト、ヨーグルト、ビタミンF、必須脂肪酸、イノシトール、レシチン、そしてレモンジュースなどを勧めています。

Copyright© 2012 ホリスティック・ヘルス・アカデミー All Rights Reserved.