Home > お知らせ > 栄養小咄
 

栄養小咄

2016.07.28

ホリスティック・ヘルス・アカデミーより栄養小咄Q&A第1弾をお届けします。

Question 59歳 男性 整体師

最近物忘れが多くなっていることを、家族から指摘され相談にこられました、ご自分でも自覚があり、以前は大切な事を最優順位を決めて不必要なことは排除するような考え方をされていました、そういう性格だと思われていたようですが最近大切なことも2.3日前に言われたことさえ忘れてしまうので病院へ行って相談しCTやMRIで検査しましたが「異常なし、老化が原因」と医師から言われ経過をみているが祖父も父親も70代でぼけたため恐怖感があり心配され理由を知りたがってました。

Answer

その症状がストップするかどうかは私にもわかりませんが、その症状を軽減したり遅らせることはできるのではないかと思います。
人の体はあなたが食べた物でできています。 実際、現在の細胞は5~6ヶ月前に食べた物でできています。体に必要な栄養素をとりいれることにより正しく化学反応をおこすことができます。脳だって同じです。ですから脳が正常に動くことのできるように栄養を取り入れて似てはいかがですか?(図表1.2)
個人の考え方次第ですが、やってみる価値は十分あると思います。私だって栄養をとりいれることで十分免疫が上がりましたから。
図表1 栄養の摂取について

1.食事は好きなものを食べるのではなく、ビタミン・ミネラル・酵素の栄養豊富な食事、つまり代謝に関係する栄養をしっかり摂ってください。
2.地の物・旬の物、野菜・果物・豆類を捕り、脂、砂糖、塩分は極力控えてください。
3.食事だけでは不足する大切な栄養はサプリメントで補充します。
4.サプリメントの摂り方の基本はマルチミネラル・マルチビタミン、それらプラス自分の状況に適合するものを摂ることが最も正しい摂り方です。
5.栄養面から考えて最も効果的な摂り方は、まず体の構成成分である栄養界の王様であはるキレートまたはナノ化したマルチミネラル、次にマルチビタミン等、状況に適合するサプリメントをいつ摂ったら最も効果的かを指導してもらって摂ることです。

図表2 具体的な脳に必要な栄養素

アミノ酸 グルタミン酸
グルタミン
脳の燃料になり機能が遂行される。知能が高まる(精神薄弱が改善されたりIQも高くなる)
フェニルアラニン 脳を刺激して神経伝達物質ノルエピネフリン産出
チロジン 不足すると脳が誤ったメッセージを伝える
ミネラル 亜鉛 脳の正常な機能に必要
硫黄 脳が正常に機能するために必要な酵素のバランス維持
ビタミンB群 ナイアシン 脳の正常な機能に必要
イノシトール 脳細胞に栄養を与える
コリン 能障壁を通り抜けることができる物質で記憶を助ける化学物質をつくる。 インパルスの伝達を助ける(特に記憶形成のインパルス)
ハーブ ギンコライド 記憶力の減退、脳の悪化を止め、ボケが始まるのを遅らせる。
Copyright© 2012 ホリスティック・ヘルス・アカデミー All Rights Reserved.