Home > お知らせ > 骨粗鬆症の予防はカルシウムだけではない
 

骨粗鬆症の予防はカルシウムだけではない

2016.07.31

ホリスティック・ヘルス・アカデミーより健康に関する豆知識情報第45弾をお届けします。

牛乳をのみ、緑の葉野菜を食べ、そしてカルシウムのサプリメントを摂るという古い骨を助けるテクニックが最新のものになってます。
骨の健康はカルシウムが非常に重要だと永いこと言われていましたが、カルシウムは単独では働きません、現在も専門家は骨の健康は一連の多くの栄養素に依存していて、新しい科学と消費者の要求の結果がこの部類に花を咲かせています。
アメリカのニュートリション・ビジネス・ジャーナルによると、アメリカでは消費者が2007年には骨の健康のためにサプリメントに約13億ドル使いましたが、これは10年前よりも5億1千百万ドル多くなっています。
ビタミンD3.ビタミンDは新しいカルシウムだと言っている人がいます。2007年複雑な167の研究の再検討による最終報告では、D3(またはコレカルシフェーロール)は加えられたカルシウムサプリメントが、年齢が62歳以上の人では、骨の消失や倒れて骨折する危険を減らしています。 さらにアメリカ小児科学会では最近子供のために毎日400IUのビタミンDの摂取を勧めています。

ビタミンK2、K3はカルシウムを骨に導くのを助けるだけでなく、心臓病を招く動脈へ捨てられるのを防ぎます。数年前にブリティッシュ・ジャーナル・オブ・ニュートリションに発表された思春期の55人を対象にした研究では、K2を45マイクログラム8週間とった人は、骨の組み立て舞台を支えるカルシウムとより多くのタンパク質が結びつく必要性を生み出します。

ストロンチウム。この微量ミネラルは1950年代に骨の健康のために使われましたが、放射線を含んでいることが発見されてから人気がなくなりました。
最近ウネリック酸ストロンチウムと呼ばれるより安全な形のものが骨の消失を守り、実際に骨を築くという結果を示して期待されています。

カルシウムに関する新しい考え方

骨の健康の一番の親分であるカルシウムじゃ、骨や歯を築くだけでなく、血液が固まったり、神経がお互いに話し合ったり、筋肉が収縮するのを助けます。

子供の時は、骨はカルシウムとその他の栄養を吸収し、成長を加速させます。骨がより多くのカルシウムを吸収すればするほど、30歳か35歳の年齢で成長を止めたときにも、よりよい健康が維持できます。そして40歳になると、骨の塊は年間に約1%の率で退化を始めます。骨を護るエストロゲンの減少によって、更年期後の女性はさらに大きな退化を経験します。

残念ですが、その退化の量が多いので、毎日のカルシウム勧告摂取量の1000ミリグラムから1200ミリグラムでは十分とは言えません。

炭酸カルシウム(主に石灰岩)からは胃酸によって分解されなければならないので、食べ物と一緒に取らなければなりませんが、しばし便秘の原因になってしまいます。しかし、クエン酸カルシウムは一日いつでも摂ることができます。

安全のためには胃酸の生産が少なくなった年とった人は、クエン酸カルシウムを摂ることをお勧めします。

骨粗鬆症と戦うために

骨が25%くらい失われて骨折の危険が高くなる病気の骨粗鬆症が増えてきています。”骨粗鬆症が広がっていますが、残念なことにほとんどの人がその病気にかかっていることに気づいていません。彼らは背が低くなり始めていますが、彼らはこのことさえに気づいていません。”

カルシウム
食事と一緒に摂り、できれば一日中にわけて摂り続けることです。

Copyright© 2012 ホリスティック・ヘルス・アカデミー All Rights Reserved.