Home > お知らせ > 糖尿病の栄養療法
 

糖尿病の栄養療法

2015.07.26

ホリスティック・ヘルス・アカデミーより健康に関する豆知識情報第36弾をお届けします。

糖尿病がすい臓のホルモンのインシュリンの問題によっておきるということをご存知の方は多いと思います。インシュリンは血液中のグルコース(糖)の量と、グルコースが細胞に吸収される率をコントロールします。細胞はエネルギーを生み出すためにはグルコースを必要とします。糖尿病の人はグルコースが細胞に取り入れられて使用される代わりに血液中に蓄積し、高血糖症に結びつきます。そして最終的には高血糖症は血管を痛め、結果として目の障害、心臓病、末梢神経と自律神経障害、そして糖尿病性腎症などの合併症の原因となります。
糖尿病は普通すい臓によるインシュリンの分泌不足によっておきます。インシュイリンなしには、体は糖の代謝ができないので、血液中の糖の量が増え、組織の糖の吸収が少なくなります。糖尿病は普通二つの種類に分類されます。タイプⅠと呼ばれる子供や若い人に多いインシュリン依存型とタイプⅡと呼ばれる大人になってから発症するものです。
糖尿病の西洋医学による治療法は、血糖値の安定を計ることによって、合併症を防ぐことだけです。そのために重視されるのが食事のとり方です。食事は糖尿病食という脂肪が少なく、低炭水化物で料理の範囲が限られたものです。我々の最大の欲望の一つの自由がなくなっているのです。しかしこれは日本の栄養学から生まれた食事制限です。勿論アメリカなのでの糖尿病患者が食べる食事にもある程度の制限はありますが、日本のような考え方とは少し違ってもっと生きがいのある、生活の質をそれほど落さない楽しみのある食事です。

糖尿病とクローム

クロームは1975年にグルコースの変換要素(GTF)に欠かせない一部であることが発見されるまでは長年毒性ミネラルと考えられていました。変換要素はグルコースが体内で正しく使われるためのインシュリンの働きを強くして炭水化物の代謝の調整をするのに欠かせない分子です。クロームは吸収が難しいミネラルです。食べ物によく含まれている無機質クローム塩の吸収は0.5~3%の範囲です。変換要素のような有機複合クロームは吸収がよく、約10%~20%です。腎臓は血液中の余分なクロームをきれいにしますが、摂取したクロームの多くは便を通じて排出されます。
このミネラルは体の多くに貯蔵されますが、皮膚、脂肪、脳、筋肉、脾臓、腎臓、そして睾丸などですが、これらのクローム量は年齢と共に減る傾向があり、これが成人性の糖尿病が増える原因となっているのです。
年齢による吸収低下、消化システム負担をかける食事、そして現代流の精製した食事などすべてがクローム不足に貢献しています。脂肪を多くとることもクロームの吸収をおさえます。
クローム不足の診断と治療は簡単で、できるだけ早く行わなければなりませんが、それは治療よりも予防がはるかに簡単だからです。
クロームの供給源には牛肉、レバー、全粒小麦、ライ麦、牡蠣、ポテト、小麦麦芽、ピーマン、卵、ニワトリ、りんご、バター、バナナ、そしてホウレン草などがあげられます。

糖尿病の食事

糖尿病の食事というと、何か味気ない病人食を想像しますが、あなたの食事と血糖値の関係を毎食の血糖値測定器によって計ることによって、あなたの食事も楽しいものに変えることができます。毎食のあなたの食事の内容と血糖値を記録してみましょう。
基本的には低脂肪で高繊維の食事ですが、新鮮な生の果物や野菜とともに、新鮮な野菜ジュースを飲みましょう。たんぱく質はできるだけ穀物類や豆類からと、魚や低脂肪の乳製品からとるようにします。問題は炭水化物です。炭水化物の食べ物はすべて同じ様にできてはいません。事実それらは体の中で全く異なる行動をとります。
グリセミック・インデックス、またはG1とも書かれますが、この違いを我々の血糖値への影響によってランク付けしています。G1の少ない食べ物を選ぶことが糖尿病患者には重要になってきます。この数値が多くなれば血糖値は高くなります。
もう1つの大切なのが炭水化物の量です。その食べ物が2時間後にどのくらい多く血糖値に影響するかです。この量(負荷)をグリセミック・ロード、GLと呼びます。本質的にはこのGLをGIに掛けた数値が炭水化物の量になります。西瓜を例にしてみましょう。西瓜はGIが高いですが、その結論は西瓜一切れが50グラムの炭水化物としましょう。しかし食べる部分の量は僅かです。実際には1回食べる量は6グラムぐらいです。ですから西瓜のGIが高くてもGLは考えているよりも低いのです。

食品 グリセミック・インデックス グリセミック・ロード
ポテト 54 19.5
スパゲティ20分茹でたもの 64 28
スパゲティ5分茹でたもの 34 15
白いパン 58 7.4

牛肉、鶏肉、魚、卵、アボカド、バターとオイルには炭水化物はほとんど含まれないので、GIはありません。

サプリメントとしてクロームと変換要素は、血糖値の利用と代謝の問題の低血糖と糖尿病の両方の治療に使われます。ここでのクロームの不足を防ぐことが鍵です。特に糖尿病に対しては早期の治療を始めることがより役に立つでしょう。クロームだけよりも変換要素を含むものが効果が良いようで、少量を毎日取ることはグルコースの変換を増やすことと、血液中の脂肪を減らす両方に、またHDLを増やしコレステロールと中性脂肪を減らす両方に役立つことが示されています。これらの一部には、クロミアム・ピコリネイト、クロミアム・ジニコチネイト・グリセネイト、クロム・イーストが含まれます。

Copyright© 2012 ホリスティック・ヘルス・アカデミー All Rights Reserved.